--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年09月26日 (日) | 編集 |
若干、世の中から出遅れてますが、
イチロー選手、凄いっすね (`´)/

10年連続、200本安打。

でも、この凄さって、
かなりFX向きの凄さですよね。

よくよく考えると、
イチロー選手がやってることは、
コツコツとヒットを打っているだけ。

もちろん、
ほぼ毎日、コツコツとヒットを打てるだけでも、
とてつもないことですけど、
本当に凄いのは、
それを「積み重ねた」ことじゃないかと。

それと、
イチロー選手のヒットは、
WBCとか、オリックス時代の日本シリーズでは、
「あの時、イチローが打ったから勝った」みたいな
強烈なインパクトを残してるものがありますけど、
シーズン中は、ほとんどないですよね。

記憶に残るホームランなんて、
それ以上にないです。

で、何が言いたいかというと、
FXも、ホームランは必要ないし、
記憶に残る会心のトレードも必要ない。

ただ淡々と、コツコツと小さな利益を積み上げていけば、
10年も経てば、けっこうな成果になっている。

イチロー選手の偉業達成を見て、
そんなことを思いました。

ということで、

9月第4週のトレードは……

7戦 5勝2敗 

229pips(獲得) - 26pips(損失) = +203pips ( ^∀^)

てな感じで。

イチロー選手の打率より勝率高かったっす ( ̄▽ ̄)V

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/26(Sun) 23:15 |   |  #[ 編集]
No title
こんにちは。Chubletといいます。ヤマネさんはmayuhimeさんの手法を習得されて成功されているようですね。羨ましいです。私は現在イギリス人のトレーダーの手法をマスターしようと努力しています。彼の手法はmayuhimeさんの手法と似ています。ただ移動平均線の数値が違います。私もはやくヤマネさんのように手法をマスターできるように頑張ります。

相互リンクをお願いしたくコメントさせて頂きました。
もしよろしければ相互リンクお願いします。私のブログは
「Chubletの専業FXトレーダーへの道のり」です。
リンク先はhttp://bikersfxdiary.blog13.fc2.com/になります。

私のほうでは勝手ながらリンクさせていただきました。

どうぞ宜しくお願いします。
2010/09/26(Sun) 23:41 | URL  | Chublet #-[ 編集]
Re: Chubuletさん!
相互リンクのお誘いありがとうございます (^^)/

早速リンクさせていただきました。

> 彼の手法はmayuhimeさんの手法と似ています。ただ移動平均線の数値が違います。

ブログ拝見しました。
確かに、Mayuhime流と近いものがありますね。

誰かから手法を学ぶ時は、手法そのもののロジックだけではなく、
その人の思考回路までコピーするように意識すると
いいと思いますよ (@^^)/

ヤマネもまだまだ発展途上ですので、
一緒に頑張りましょう!

今後とも、よろしくお願いします m(__)m
2010/09/27(Mon) 17:42 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
Re: 鍵付きWさん!
いつも鋭いコメントありがとうございます!

> それと、FXに限らず個人投資家は 言ってみれば "プレイングマネージャー" ってことになると思うのですが、プレイヤーの自分とマネージャーの自分、優先すべきは "マネージャーの自分" で、プレーヤーの自分が一気に逆転しようと長打を狙っていたらマネージャーの自分が 「長打はいらないシングルヒットでいい、ボール球には手を出すな、球をよく見て行け!」 と指示を出さなくてはならないと思います。

激しく同感です (`´)/
ヤマネは、まだ安定して勝てていない頃、迷った時や混乱した時に「Mayuhime師匠ならどう考えるだろう……」とイメージしてました。

今思えば、それがヤマネにとっての「マネージャー目線」だったんだと思います。
2010/09/27(Mon) 17:50 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。