--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年11月13日 (土) | 編集 |
昨日(金)のトレードは、
サクッとポジションを切れたのはグッドなのですが、
そこまでとその後の流れで反省点が多々ありました。

・金曜午前中、木曜夜から狙っていた133円のレジでの売りを逃した。

・午前から午後にかけて、9日(月)午前中と似ているパターンを見つけたものの売りで入れなかった。

・普段なら、努めて思わないようにしている「逃した」という気持ちがダブルで重なり、無意識レベルでむくむくと育ってしまった。

・それが、自分では気づいてないのだけど、後から振り返ると冷静な判断を失うことにつながった。

なにを判断できなかったかというと……

・前後の動きの判断材料にG20を入れるのを忘れてた →大失敗 ( ̄~ ̄;)

・ポンド/円1時間足の75SMA跳ね返り狙いのストップはしょうがない

・ユーロ/円の売り失敗もしょうがない

・しかし、急激に動いた後、相場が落ち着きはじめたタイミングをいつも狙っているのに、それを忘れてヒヨった。

どうヒヨったかというと……、

・ドル/円とポンド/ドルを見れば、その後、買いで入れるタイミングがあった。見ていて、「あっ」と思ったけど、その前のストップが嫌なイメージで残っていたので決断できなかった。


とまあ、こんな感じで、
理詰めでトレードの反省をしていると、
最初のうちはダメなことだらけで、どこまでも凹むのですが(笑)、

それでも続けていると、
だんだん「しょうがない」と「これは反省→次に活かそう」の
区別ができるようになってきます。

金曜日で言えば、ポンド/円の1時間足の跳ね返り狙いは
ヤマネの主力となるトレードですから、それが跳ねかえらずに
ストップに終わったのは、どこからどう考えてもしょうがないわけです。

ここで耐えて持っておけば、
最終的には戻ってきてプラスになっていますが、
それは後からわかる、まさに結果論です。

もし損切りせずに利益が出て終わっていたら、
心のどこか、無意識レベルで癖になって、
何年かに一度、あるかないかの大暴騰、大暴落で
ドボンしてしまう芽を育てることになってしまいます(経験者談・笑)

一方で、ポンド/ドルは4時間足がこんな感じでした。
pondodull4h.jpg

※ポンド/ドル4時間足

G20後も下のトレンドラインを割らずに、跳ね返されて上昇していってました。

そして、ドル/円は5分足がこんな感じです。
dullen5m.jpg

※ドル/円5分足

急落後にダブルボトムを形成して、一度ネックラインを抜けてやや大きめに戻してから、再度上昇しています。

冷静さを失っていたヤマネは決断できませんでしたが、ノーポジで冷静に見ていたヤマネであれば、ポンド/円の買いでエントリーしていました。

で、大事なのはここからで、
こういう失敗を「悔しい」と思う気持ちは大事なのですが、
「ミスを早く取り戻したい、早くあの時取れなかった分を取りたい」
と考え出すと、また焦りが生まれてドボンが待っています。

そうではなく、
失敗は悔しい、「だから、次のチャンスをしっかり待つ!」
「ここでエントリーしてダメなら、もうしょうがないでしょう」というポイントを待つ!
という方向に持っていくのがポイントです。

「悔しいからこそ待つ!!」

↑書きながら、自分にも言い聞かせています(笑)。

↓ポチッと押しながら、みなさんも言い聞かせてください(笑)。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
私もユーロの戻り売りにしてやられました。
そして若干、損切りが遅れました。
「売り」イメージに固執しすぎてたのが反省点です。
今後はスパッとバサッっと、容赦なく、性格そのままに切ります(笑)。

で、「以前、元の高値を超えてから下がっていったことがあったよな~」と目線を変え、ポンド円の戻りが132円を超えた辺りから、1分足75日線での跳ね返りを狙って短期回転でちょこちょこいただきました。

ちなみに私、133円は指値エントリーしてました。
前日の夜も、指して寝ようかと思ったぐらい(笑)。
今までなら待てずに132.70~85で入って、その後のもみもみに耐えられず、結局、損切り、もしくは数pipsの利益止まりになっていましたが・・・。

金曜日の相場は、今までの私なら、間違いなく余計なところで何回もエントリーしてドボンしています。
でもそれをぐっとこらえて、ポイントになるところまでじっくり待ち、その動きを見極めてから決断できました。

「待つことが最強」なのを、思い知らされた一日でした。
そして、分からない時は、あまりチャートを見ないことも大切だと思いました。
どうせ見たって分からないんだから・・・。
ポイントが近づいてきてからじっくり見る!で十分ですよね。
見すぎるから、目先の動きに振り回されてエントリーしてしまうんですよね。
超短期のスキャルが苦手な理由も分かった気がします(笑)。

という、実りの多い一日を過ごせたのは、ヤマネさんのおかげです!
嬉しくなって、長々と書いてしまいました(笑)。
2010/11/13(Sat) 19:12 | URL  | もも #HKWeNJ6c[ 編集]
Re: ももさん!
嬉しいコメント、ありがとうございます (^^)/
ブログを続ける励みになります。

これだけ短期間で成長されるということは、
ももさん、結構トレード向きの性格なんだと思います。

ヤマネもそうでしたが、
多くの人は「わかっていてもできない」を乗り越えるのに
かなり時間がかかりますから。

あとは、調子の良い時と悪い時はどうしても出てくるので、
2歩下って3歩進む精神で頑張りましょう!

ヤマネも、日々精進します (@^^)/
2010/11/15(Mon) 13:25 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。