--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月29日 (水) | 編集 |
下の記事の売りは、こんな感じでした (`´)/

12月28日 ポンド/円

18:26 売り 127.17
20:32 利確 126.72 +45pips ( ^∀^)


ほんで、れあママさんから利確について
ご質問をいただきました (^^)/


【れあママさん】

> いつも参考にさせてもらっています(^^)
>
> 今日の夕方からのポンド円はどこで利確されましたか?
> 利確されていたら、どういう理由だったのでしょうか・・・。
>
> 私も夕方からポンド円を売っていましたが、
> なかなか利を伸ばせず、数回に分けて売っていました。
>
> 結果、トータルではプラスでしたが、少しでも上がりそうになると怖くなって利確してしまいます。
> メンタルの問題だと思いますが、ヤマネさんの持ち続ける「コツ」みたいなものがありましたら教えていただけないでしょうか?
>
> せっかく含み損をあまり見ない位置でエントリーできるようになったのに、利確がうまくできずに悩んでいます。
> よろしくお願いします!

ヤマネの場合は、自分の感情は排除して、
ただ単に、チャートから読みとれる情報に従って
利確している感じです。

利確のルールは、人それぞれいろいろありますが、
相場状況によって、ヤマネは5パターンと、
その合わせ技を使い分けています。

①サポートとレジスタンスを目安にする

②移動平均線を目安にする(主に逆張り)

③スイング(5分足のひと山とひと谷)を目安にする

④pips数で固定する(20pips限定など)

⑤最近のボラティリティを目安にする


偉そうに書き始めましたが、
特別感がまったくないルールでした(笑)。

それはともかく、れあママさんが仰るとおり、
利確は、かなりメンタルに左右されるので、
利確のルールからメンタル的要素を一切排除しています。

そうしておけば、
あとはルールどおりにトレードできるかどうかという、
自分の『実行力』だけの問題になります。

この実行力を邪魔するのが『欲』です。

誰もが、トレードをしていると、
もっと取りたい、もっと稼ぎたい、損は出したくない、
などと思ってしまいます。

これらの『欲』を捨て去って、
チャートから読みとれる情報だけに
素直に従うわけです 凸( ̄ヘ ̄)


で、昨日のトレードの利確ですが、
まず、ポンド/円の4時間足を見てください。
ポンド/円4時間足

※ポンド/円4時間足

ピンクのライン、126.73は、今年の5月20日のサポートで、
なおかつ4時間足で見ると、10月26日に、
このラインを下回ることができずに上昇に転じてます。

オレンジのライン、126.43は、10月26日につけた、
今年の最安値です。

エントリーした時点で利確の目安は、
第一目標がピンクライン、第二目標がオレンジラインでした。

その後は、5分足をチラ見。
ポンド/円5分足

※ポンド/円5分足

エントリーは上のマルで、127.38まで戻りを待ったのですが、
そのまま落ちて行ったので、追っかけで入りました。

利確は、マルの書き方がまずくてかぶってますが(笑)、
一度、ピンクラインに当たって、少し戻した後、
また落ちてきたところです。

長い時間足でトレンドが出ていない時は、
ラインにファーストタッチで利確するのがほとんどですが、
今は、笑っちゃうくらいのトレンドが出ているので、
ひとつ山を見ました。

上記の①と③の合わせ技ですね 凸( ̄ヘ ̄)


れあママさんの、「少しでも戻ると利確したくなる」という気持ち、
ヤマネも昔、そうだったのでよくわかります。

Mayuhime師匠の本にも書いてありますが、
トレードの唯一の目的は、

『最大の利益を出すことではなく、着実に利益を積み上げること』

なので、
無理に含み益を伸ばそうとするよりも、
まずは『確実にとれそうなところをいただく』という姿勢でいた方が、
結果として、継続的に収支を安定させることができると思います。

昨日のヤマネのトレードも、
確実にとれそうなところだけいただいて、
第二目標とその先、矢印の部分はスルーしてます。

こういう姿勢でトレードを長期間続けていると、
人間の欲望というのはそう簡単に消せるものではないので、

「やっぱりサポートまで持っていて良かった」
「やっぱり山ひとつ見てれば良かった」

という場面を、変に悔しがったり、熱くなったりしないで、
冷静かつ客観的に判断できるようになってきます。

この「冷静なやっぱり」が何百回と繰り返されると、
いい加減、今回はサポートまで持ってみようという、
良い意味での開き直りができるようになってきます。

そうすると、ふと気がついた時には、
チャートから読みとれる情報に従って、
素直に利確ができるようになっている……。

ヤマネはこんな感じの心理的変化を経て、
今に至っているという感じです。

……と、ここまで書いてきて、
最大のコツを思い出しました ( ̄□ ̄;)!!

今では自然にやってたので忘れてましたが m(__)m

金額じゃなくて、pipsを、
pipsじゃなくて、チャートを見てください!

このクセをつけておくと、後々ロット数を上げる時に、
心理的負担が軽くなりますよ (@^^)/


ランキングは「ポチッ」と押して、しっかり見てください(笑)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
記事にまでしていただき・・・恥ずかしいような嬉しいような(笑)
ありがとうございました。

「メンタル的要素を排除」という言葉がとても響きました。
少しでも利益を減らしたくないという欲が、結果的には利益を減らしているんですよね。

FXアカデミーの先生も「一つの例えとして、5MAと14MAがクロスしたら」とおっしゃっていました。
でも、このクロスを待てないんです(泣)
クロスしそうと思ったら早めにと思って利確、そしたらクロスせずにまた離れて・・・で無駄な利確になる事が多くて。

機械的にエントリーとリミットができるようにがんばります!
まだまだ勉強させてください。

ありがとうございました。
2010/12/29(Wed) 23:12 | URL  | れあママ #ZdF9nK4o[ 編集]
Re: れあママさん!
>
> 「メンタル的要素を排除」という言葉がとても響きました。
> 少しでも利益を減らしたくないという欲が、結果的には利益を減らしているんですよね。

メンタル的要素を排除したルールや手法にのっとってトレードして、うまくいかなければ、ルールや手法の問題点もわかりやすくなるから、その後ルールの修正もしやすくなるというわけです (^^)/

いつでも、お気軽に質問して下さい (@^^)/
2010/12/30(Thu) 01:48 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
No title
先ほどのコメですが、ヤマネさんのブログを見ておられる方で、トレードに何か影響したらいけないので、非コメにしておいてください。

ドル円もポンド円も、どこかで大きな動きがあるんですかねぇ?
ポンドの動きにしては、値幅も狭すぎるし。
私自身、トレンドが出てからも、売ろうか買おうか、悩むような相場が続いたから、みんな同じような気がします。
買ってもそれなりに戻していたし。
いや、本当に、損切りができるようになって良かったです(笑)。
2010/12/30(Thu) 14:28 | URL  | もも #HKWeNJ6c[ 編集]
Re: ももさん!
後のコメント読む前に公開してしまったので、削除しておきました(笑)。

ポジション、ヤマネも見てます (@^^)/

今年の秋は逆張りが通用しやすかったから、こんな感じになってるんですかね……。
2010/12/31(Fri) 12:27 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。