--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年01月04日 (火) | 編集 |
明けまして、おめでとうございます (^^)/
今年もよろしくお願いします m(__)m

年末年始はチャートも開かず、
完全休養してました。

今日のロンドン時間から営業再開っす。

とはいえ、既にそこそこ戻してきてるので、
しばらく様子見して、『相場のクセ』を
観察しようかと思ってます。

今週はアメリカの雇用関連指標もあるので、
前後の値動きも要チェックっす (`´)/

ほんで、ぽんきちさんから、
以下のようなコメントをいただきました。


【ぽんきちさん】

> シミュレーションが上手にできるようになれば
> 負けにくくなるのでしょね。
> まだまだ、さっぱりチャートが読めず
> トレードも逆行ばかりです。
> 今年もよろしくお願いします


ぽんきちさんみたいに
「トレードが逆行する」という印象が強い方は、
どれくらいの確率で逆行するか
一度カウントしてみてください。

それで、7割~8割以上のトレードが
逆行しているようであれば、
「買いたくなったら売り、売りたくなったら買い」という
真逆のトレードを意識するといいかもしれません。

もし、今の自分を完全否定する勇気があれば、
真逆のエントリーをするというのもアリだと思います。

ただ、真逆エントリーは精神的にかなりキツイので(笑)、
過去のトレードを振り返る時に、
買いで損失が出たら、「なんでこの時に売れなかったんだろう?」
売りで損失なら、「なんでこの時に買えなかったんだろう?」

この視点を持つだけでも、結構効果があると思います。

ヤマネも、昨年の6月~7月くらいに
勝率がかなり悪かった時期があるのですが、
その時、「なんで逆のトレードができなかったのか?」を
徹底的に考えました。

その結果、見えてくる事、気づく事は
レベルや相場状況によって、人それぞれかもしれませんが、
何か自分のトレードを変える取っ掛かりみたいなモノは
確実に見えてくるのではないかと思います。

ただし、逆行が5割~6割程度の方は、
エントリーやストップの「精度」の方に
問題がある可能性が高いので、
安易に真逆トレードとかしないように、
ご注意ください 凸( ̄ヘ ̄)

では、そんな感じで、
今年もバンバン「ポチッ」とお願いします m(__)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
アドバイスありがとうございます
ヤマネさん
アドバイスありがとうございます。

ほんとに、、、、ため息です。
慎重に慎重にと、エントリーチャンスを2回待って
2回は自分の思ったほうに行ったから、3回目に
思い切ってエントリーしたとたんに逆行とか。(泣)
「それは、ちゃんと1回目からエントリーしていれば
2勝1敗ということだよ」ということみたいですが。(泣泣)

今日、というかもう昨日も、クロス円は売り目線でいて
またストップかかってしまいました。v-12
米ドル円の大上昇にビックリ。

今までだいたい、ドル円の動きにやられることが多かったです。
下げると思い売りポジションでいたらドル円大上昇、
上げると思い買いポジションを持っていたら、ドル円一気落とし、、、みたいな。
しかし、ポンド/円の底からの戻しは、たった2日ですごいですね。v-290
久々に日足に長~い陽線が2本も!
といっても、1日に200pipsとか300pipsもは動かなくなったので
これでもおとなしくなったといえるのでしょうか?

今年の初トレードで厄落としはしたと思って
気持ちを切り替えて頑張らなくては。
2011/01/06(Thu) 06:28 | URL  | ぽんきち #-[ 編集]
Re: ぽんきちさん!
> といっても、1日に200pipsとか300pipsもは動かなくなったので
> これでもおとなしくなったといえるのでしょうか?

そうですね。
かなりおとなしくなってると思います ( ̄^ ̄)

ヤマネ的にはもっとガンガン動いてもらいたいところですが、見方を変えれば安全な相場とも言えますよね。

あと、中途半端に勝ち負けが混在している人より、思いっきり負けている人の方が、現状と真逆のことをすればいいだけなので、トレードを矯正しやすい傾向があります。

あまり複雑に考え過ぎずに、頑張りましょう (@^^)/
2011/01/06(Thu) 08:57 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。