--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年01月31日 (木) | 編集 |
土曜日のセミナーでお会いした
ももママさんからご質問をいただきました( ^∀^)


>レンジブレイクですが、レジスタンスを抜けた場合、
>そのラインまで戻ってきたときにエントリーし、いつもS.Oを30pips
>で入れています。

>が、私がエントリーした時に限って?40pipsくらい下がり、その後
>上にまた抜けていくことが多々あります(涙)

大事な事をお伝えするのを忘れてました。
今年に入ってからトレードしているのは、
ドル/円、ユーロ円、ユーロ/ドルで、
ポンドはまったく手を出してません。

ももママさんは、どの通貨を見てますか?

あと時間足は15分、1時間、4時間がメインで、
5分足はまったく見てません。


>昨日のmayuhimeさんの説明に、レジスタンス→サポートになったラインより、
>少し下に線が引けるときはそこまで待つのも初心者には有りとおっしゃっていましたが、
>山根さんはどうされていましたか?

そこまで待って、そこで反発して、
レジ→サポのラインを再度越えるのを待ってました。

なので、Mayuhime師匠が言うポイントより
もう少し遅れたエントリーになります。

今でも、すぐ下にラインが見える時は待つ事が多いです。


>移動平均線の束になっている時のエントリーでも、私がエントリー
>した時に限って?同様にぎりぎりストップにかかり、その後その方向に延びていきます。

>これは、いつもきちんとエントリーしないからなのでしょうか。

たぶん、そうです……( *;`ω´)

これは初心者から中級者に
ステップアップする時によくある
「限って病」です(笑)。

ストップにかかって、エントリーと同方向に
また相場が動くなら、大きな流れの判断は
間違ってないわけです。

ならば、僕なら次のチャンスも
迷わず同じ方向にエントリーします。

実は、セミナーで紹介したユーロ/ドルで100pipsとったトレード。
あの少し前に、同じレートで買って-20pips のSOにかかってます。


>今は、エントリーストーリを立てても、「今回は様子を見よう」と
>見送ってしまうことが半分くらい有ります。
>まだ自信がないからだと思います。

過去のチャートを振り返って、自分ならどうしたか、
その結果、利益が出ているのかどうかを、
検証されるといいかもしれません。

利益が出ていれば、
少しは自信を持って
エントリーできるようになりますよ( *`ω´)/

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます(^^)
山根さま

こんにちは。

わかりやすい解説、本当にありがとうございます(^^)
とっても嬉しく幸せに感じています。感謝します☆

私はポンド円 15分足・30分足・1時間足を主に見ていました。
レジスタンスやサポートは1時間足を見ていたのですが、
山根さんがおっしゃるように、4時間足を見るようにします!
また、限って病(笑)、本当にそうですよねっ。
でも、これも成長の証として、しっかり検証もして自信を持ってエントリーできるように頑張ります。

それから、2月1日のブログもとっても参考になりました。
なんだか、そういうことか!と霧が晴れたようです。

これからも、お体大切になさって、お時間がございますときに
ブログにてぜひエントリーの根拠や利確のタイミング等、
ご教示くださいますよう、お願いします☆

とても楽しみにしています(^^)


2013/02/03(Sun) 10:26 | URL  | ももママ #-[ 編集]
Re: ももママさん!
またいつでも質問してください( ̄▽ ̄)V
2013/02/08(Fri) 02:19 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/02/17(Sun) 16:55 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。