--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年04月21日 (日) | 編集 |
ももママさんから、
押し目買いについて
ご質問をいただきました( *`ω´)/


>
> 私は、4月4日黒田総裁の発言以降、
> 押し目買いができずにいます・・・。
>
> 上昇が強くて、どこで買っていいのかわからないのです。
>
> 4時間足に
> ◇トレンドライン(3月15日145.85あたりからの下降ライン)
> ◇レジスタンス 3月15日 145.85
> ◇レジスタンス 日足 2月7日 147.95
>
> 3つのラインを引いていました。


で、ヤマネも引いてみました。

そもそも大前提を覆すようで恐縮なのですが、
4日からご質問をいただいた11日までの
ポンド/円……。

ヤマネ的には、
かなり分かりにくいチャートなので、
これで押し目買い狙いをするのは
ちょっと難しいかなと思いました( ̄~ ̄;)

実際、この時期、ドル/円とユーロがらみだけ
見ていてポンドはスルーしてます。

それを踏まえて、後付けですが、
もしチャートを見ていたら、
入っただろうなというポイントを列記しました( *;`ω´)V

すべて15分足です。


4日 19時45~20時

5日 22時30分

8日 23時15分

9日 2時45分~3時

9日 18時


もしよろしければ、
なんでこのポイントなのか、
考えてみてください。

理由は、いたって単純です。


>
> このような、ファンダメンタルでの強い上昇でも
> トレンドライン、レジスタンスラインを超えた場合は、
> そのラインを目安に、超えた時点で
> エントリーしてもよいと思われますか?


最初からそのポイントでの売買を狙っていて、
指標発表とかのファンダが理由で、
そこに予定より早く到達したのだったら、
エントリーしてもいいと思います。

というか、ヤマネならします。

逆に、ローソク足が勢いよく動いていて、
ポイントっぽく見える所に来たから
入ってみようか……というのは
止めた方がいいです。

なぜなら、
姿勢がローソク足の後追いになっているので、
含み損を抱えた時などの対処が遅れるからです。

それと、
今回のファンダは介入クラスの強烈さだったので、
例外だと思っておいた方がいいです。

こんなの数年に1回です(笑)。


>
> また、少し戻ってきた時点で買おうと思っても、
> その「少し戻ってきた」のを、どのあたりで判断したらよいか
> 迷ってしまいます。

この時期に関わらず、ポンド/円は上級者向けで、
得意不得意があると思います。

ユーロ円とか豪ドル円を見ていると、
「少し戻ってきた」の感覚がわかりやすいと思います。

文字で伝えるのは難しいのですが、
例えるなら、「V」の字の右の「/」の
3分の1くらい……。


> お手すきな時に、このような強い上昇時でエントリーする際の
> アドバイス等いただけましたら、とても嬉しいです。

最後にもうひとつ。
強烈な上昇時は、短い時間足が落ちてこないで
レンジになって、上に抜けていくことが多いです。

実際、4月4日~5日もそうでした。

こういう時のレンジは結構狙い目ですよ( ^∀^)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます!!
ヤマネさま

こんばんは。

いつも、わかりやすくお教えくださってありがとうございます。

ヤマネさんのおかげで、一人焦っていた気持ちがすっと
楽になりました。

多くの方が、この円安トレンドで利益を上げているのに、
私は押し目買いできずにいる・・・、
私はなぜできないのかと、悩んでいました。

教えていただいたポイントは、
◇レンジになっていたのが、上に抜けたところ 4日 5日
◇1時間ミドル反発&15分90SMA反発
                8日23時15分 9日2時45分~3時

上記のように考えました。
違っていたら訂正していただけると嬉しいです。


◇自分にとってよくわからないとき、
 そんな時は、ドル円や、ユーロがらみなど、他のチャートを見てみて
 わかりやすいものがあったら、エントリーを考える

ポンド円にこだわりすぎていたことにも、気が付きました。


わかりやすいチャートを見つけて、そして限って病を卒業できるようにしっかり実践します(✪ฺܫ✪ฺ)


お忙しいと思いますが、またヤマネさんのトレード記録を
お手すきな時にアップしていただけたら、とっても嬉しいです☆

それが、とても勉強になります(^^)


本当にいつもありがとうございます☆



2013/04/24(Wed) 03:28 | URL  | ももママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。