--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年05月17日 (金) | 編集 |
損切り貧乏について、
ご質問をいただきました( *`ω´)/

「ヤマネさんのように-15pipsでやっていると
確かに損失は少なくなったのですが、
損切りにかかる回数も増えました。
ここから損切りの回数を減らすためには、
どうすればいいのでしょう?」


この話をしたときに、
かなりざっくり書いたような気もするので、
改めて厳密に言うと……。

-15pipsでカットするというのは、
カットだけを狙っているのではなく、

『-15pipsでカットできる
エントリーポイントだけで入る』

……という意味です。


ユーロドル15分足

130517ユーロドル15分足


5月第3週、
日足はレンジで下降中
4時間足は下降トレンド

なので、15分足で売りを狙っていきます。


このチャートで「チェックマーク」で売ると、
目安がないので、ストップまでの値幅が広がります。

ここで-15pipsをやってしまうと、損切り貧乏になります。

一方、「×マーク」で売ると、
明確な目安があるので、
-15pipsでも余裕があるくらいです。

実際、トレードするなら、
左から2つめの「×」は、
直近高値を勢いよく越えているので、
入りません。

なので、3勝1敗になります。

チェックマークのポイントのように、
勢いよく動いていると入りたくなってしまうものですが、
そこをグッと抑えるための基準が、
「-15pips」なんですね。

あと、相場状況や通貨によっては、
-30くらいまで見ることもあります。

でも、それ以上は絶対に広げません。

利益をいかに伸ばすか。
損失をいかに少なく抑えるか。

この2点だけは、
寝ている間も意識してます( ^∀^)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
トレード方法について
こんにちは。
はじめてコメントさせていただきます。
ヤマネさんのブログ、いつも拝見させていただいてます。

私はFX歴2年の主婦です。
ヤマネさんやマユヒメさんのブログや本を読み、日々勉強中です。
ここ半年は、ぼろ負けすることは無くなったのですが、『勝っては負ける』といたっ収支プラマイ0のトレードがかれこれ半年続いております(;o;)

ヤマネさんに質問させていただきたいのですが、私はユーロ円、ポンド円でトレードしています。
現在の相場は、日足でみると上昇トレンド、1時間・4時間足でみるとレンジ相場かな?と思うのですが、こういう相場では、どういう戦略をたててトレードしますか?
私は、5分足で上昇や下降の勢いがでたら、75SMAやマルチタイム線まで戻しての跳ね返りを狙うといったことをやってます。一度は狙った方向にむかうのですが、逆行し、最近はストップにかかってばかりです(;o;)

そもそも、この方法は今のような相場には合っていないのでしょうか・・?

半年間もプラマイ0から進歩がなく、最近はストップにかかってばかりで、頭の中がわからなくなってしまいました(;o;)

お時間あるときで構いませんので、どうかこんな私に、アドバイスいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたしますm(__)m
2013/05/19(Sun) 17:16 | URL  | カピバラ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。