--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年06月22日 (火) | 編集 |

前回の記事の

>ほんで、
> トレードが上達するというのは、人間に基本的に備わっている心理に反することができるようになるということですから、当然、上達する過程で『自己の内部崩壊』による恐怖を感じる時期があるわけです

という記述に対して、ブーブさんから以下のようなご質問をいただきました (^^)/

>
> ところで、今回のTOPICなんですが、トレードとは人間の基本的に備わっている心理に反することができるようになる・・・の部分を読んで何を指すんだろう?ととても気になります。メンタルの肝の部分では?と推測します。お時間がある時にぜひ解説頂きたく、お願いします。


行動経済学のカーネマン博士という人が考えた、
利益と損失を人間はどう判断するかについての
有名な質問があります。

以下、難しく考えずに直感で選んでみてください 凸( ̄ヘ ̄)


問題1 次の2つの選択肢から、どちらかを選んでください。

A 80万円もらえる
B 100万円もらえるが、15%の確率でまったくもらえない


問題2 次の2つの選択肢から、どちかを選んでください

C 80万円支払う
D 100万円支払うが、15%の確率でまったく払わなくてすむ


どの組み合わせが正解というものではなく、
性格診断みたいなものです。

明日中には解説の記事をアップしますので、
何を選んだか、メモしておいてください ( ̄ー ̄)

ついでにランキングもポチっとしといてください(笑)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
質問です♪
こんにちは~。

移動平均線での跳ね返りでエントリーする時、ストップを小さくする目的でなるべくラインに引き付けて『破られるまでは守られる』ことを前提にするのですね。

ポン円だとラインより50PIPSくらい抜けてまた戻っていくことがよくあります。

ラインより20~30PIPS離してストップを置いたとしたらブレにかかって損切りになります。

それはそれでしかたがないと割り切って再度同じ方向にエントリーすればよいのでしょうか。
2010/06/22(Tue) 14:42 | URL  | masa #-[ 編集]
Re: masaさん!
ご質問ありがとうございます (^^)/

>
> 移動平均線での跳ね返りでエントリーする時、ストップを小さくする目的でなるべくラインに引き付けて『破られるまでは守られる』ことを前提にするのですね。

そうです、そうです。

>
> ポン円だとラインより50PIPSくらい抜けてまた戻っていくことがよくあります。
>
> ラインより20~30PIPS離してストップを置いたとしたらブレにかかって損切りになります。
>
> それはそれでしかたがないと割り切って再度同じ方向にエントリーすればよいのでしょうか。

それもひとつの方法ですが、
デイトレなら、他の抵抗と合わせて見るという方法もあります。
それが、144SMAだったり、サポ&レジだったりします 凸( ̄ヘ ̄)

ただ、スキャルは抜けたら即損切りっすよ ( ̄ー ̄)
2010/06/22(Tue) 18:25 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。