--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年06月23日 (水) | 編集 |
下の下の記事の続きです。

問題1 次の2つの選択肢から、どちらかを選んでください。

A 80万円もらえる
B 100万円もらえるが、15%の確率でまったくもらえない


問題2 次の2つの選択肢から、どちかを選んでください

C 80万円支払う
D 100万円支払うが、15%の確率でまったく払わなくてすむ


さて、みなさんどんな回答の組み合わせになったでしょうか?


カーネマン博士の実験では、
8割の人がAとDという組み合わせを選んだそうです。

行動経済学では、
ここで数学的な期待値という考え方を用いるのですが、
計算が面倒くさいので(笑)、トレードのメンタル面から考えた
解釈をヤマネ的にしてみます。

AとDという組み合わせは、
確実に手に入るお金は少なくてもOK、
支払う金額は、多くても支払わなくていい可能性にかける
という判断になります。

調査によると8割の人が持っているこの心理状態でトレードすると、

利確は、含み益が少なくても確実を求めて早くなる。

損切りは、含み損が大きくても確実に支払うより支払わなくてもいい
可能性にかけるので当然遅くなります。

つまり、利小損大のトレードになるわけです 凸( ̄ヘ ̄)

ちなみに、もっともトレーダー向きの答えは
BとCという組み合わせになりますが、
こう答えた人は、10%以下だったそうです。

こういうことを知って何の役に立つかというと、
変なトレードをした時って、「どうして、こんなことしたんだろう……」
って泣きたくなったりしません(笑)?

そういう時に、理由がわからないと、ただ落ち込んで、次はやめようと思って、
でも、またやってしまうという悪循環にはまりがちです。

そこで、そもそも人間の心理的メカニズムでそうなってるんだ
という理由(原因)がわかっていれば、
変に落ち込むこともなくなりますし、悪いクセを修正するための基準点ができて、
変なトレードが修正しやすくなるわけです。

その他、
行動経済学の考え方を応用すると、なぜ塩漬けをしてしまうのか、
なぜ飛び乗り、追っかけをしてしまうのかも、科学的に説明できます。

もし、好評だったら、このシリーズまたやりますので、
参考になった方は、ポチッとお願いします (^^)/

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
きゃーー当たってるぅ~~(。→∀←。)

損切り貧乏で自ら薄利決済してしまう私、見事にその8割の方でした!!
いやぁ~ヤマネさんの記事は本当面白くて奥が深い。

次のシリーズも期待してます

2010/06/23(Wed) 12:34 | URL  | piro #-[ 編集]
参考になります。ぽちぽち
2010/06/23(Wed) 14:15 | URL  | スカーレット #-[ 編集]
その通り
ぴったりその通り、面白いです~。またまた絶対やってください。

ポチっとしておきました。
2010/06/23(Wed) 15:41 | URL  | TAKA #-[ 編集]
AとCは?
ヤマネン、 初めまして。

自分はAとCの組み合わせでした。
この組み合わせはトレ-ダ-向きでしょうか? ぽちっ。
2010/06/23(Wed) 19:32 | URL  | グラサン #-[ 編集]
Re: piroさん!
大絶賛、ありがとうございます ( ̄ー ̄)

ぜひ、自分のタイプを認識してトレードにいかしてください (@^^)/~~~
2010/06/23(Wed) 23:57 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
Re: スカーレットさん!
ポチ、ありがとうございます (^^)/

もっと激しくポチしていただいてもいいですよ (*´∇`)
2010/06/23(Wed) 23:58 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
Re: TAKAさん!
ポチ、ありがとうございます (^^)/

好評みたいなので、またやりますね ( ̄▽ ̄)V
2010/06/23(Wed) 23:59 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
Re: グラサンさん!
初めまして&ポチありがとうございます (^^)/

>
> 自分はAとCの組み合わせでした。

AとCの両方とも確実を狙えるタイプの人は、
スキャルに向いていると思います 凸( ̄ヘ ̄)

スキャルは、損切り命みたいなところがあるので、
キッチリ損を確定できる人はいいんじゃないすかね。
2010/06/24(Thu) 00:03 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
補修授業
おせわになります。 ヤマネさん かめです。

「もし、好評だったら、このシリーズまたやりますので、」

またお願いします。 

FXはテクニカル面より メンタル面の方が大事な気がします。

ルールを決めるのも自分
決めたルールを破るのも自分
自分のメンタルがどうなのかを知ることが重要ですね。

ヤマネさんはFXをやるにあたり日々何をしていますか?

自分は 

高値、安値、終値から ボラリティ ピッポトの計算(エクセルで)
チャートの高値安値のラインの変更
その日のシナリオを考える。
常勝トレーダーのブログを見る 
ヤマネ所長の所でアドバイスをもらう

よろしくお願いします。









2010/06/24(Thu) 00:33 | URL  | かめ #-[ 編集]
何パーセント?
見習い降格中のヤマネくーん(o^∇^o)ノ
そろそろ弟子に戻れそう?
私はA、Cの組み合わせでしたぁ~
この組み合わせを選ぶ人は何パーセント?
2010/06/24(Thu) 02:58 | URL  | Mayuhime #8kSX63fM[ 編集]
Re: かめさん!
毎度、ありがとうございます (^^)/

>
> 自分のメンタルがどうなのかを知ることが重要ですね。

そうです、そうです。
相場の予想より、己を知る方がよっぽど勝てるようになると思います。

>
> ヤマネさんはFXをやるにあたり日々何をしていますか?

指標発表予定の確認

日足、4時間足、1時間足で、
サポ&レジと移動平均線の位置(値段)確認と
トレンドラインを引く

前日のボラの確認

売り買い両方のシナリオを妄想

……そんなところですかね。

>  
> ヤマネ所長の所でアドバイスをもらう

「所長」……いい響きです ( ̄ー ̄)
2010/06/24(Thu) 04:40 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
Re: Mayuhime師匠!
師匠、直々のご訪問にありがとうございます (`´)/

>
> 私はA、Cの組み合わせでしたぁ~
> この組み合わせを選ぶ人は何パーセント?

確か、5%くらいっす。
Cを選べる人は、ほとんどいないらしいっすよ。

ただ、師匠はすでに常勝トレーダーなので、
トレードで鍛えられて昔とは判断が変わっている
可能性もあるかもしれませんね (@^^)/~~~
2010/06/24(Thu) 04:45 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
No title
はじめまして! WABi助と申します。
"所長"のブログときどき読ませていただいてます。 今はチャートを勉強中で来月からデモトレードを始めます。

私はちょっと考えてBとCでした この組み合わせトレーダー向きですか?後からそれぞれの組み合わせで100回やったとして計算したらBとCの組み合わせはプラスになりました。  ぜひこのシリーズまたやってください !

これからは毎日読ませていただきます ! よろしくお願いいたします。
2010/06/24(Thu) 11:30 | URL  | WABi助 #-[ 編集]
Re: WABi助さん!
>
> 私はちょっと考えてBとCでした この組み合わせトレーダー向きですか?後からそれぞれの組み合わせで100回やったとして計算したらBとCの組み合わせはプラスになりました。

そうなんです。
回数が多ければ多いほど、実はBとCの組み合わせが一番儲かるんです。
それが、僕が面倒くさがった期待値の計算です 凸( ̄ヘ ̄)

ほんで、
Cを選べる人が、基本的なトレーダー気質を備えている人。
そのうちBを選べる人は、かなり優秀なトレーダーになる素質があると思います (@^^)/~~~

WABi助さん、ご自分で計算してしまう用意周到さを持たれてるようですので、
たぶん、あっという間に常勝トレーダーになれると思いますよ ( ^∀^)
2010/06/24(Thu) 14:06 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/24(Thu) 21:18 |   |  #[ 編集]
Re: 鍵付きWさん!
もちろん山あり谷ありはあって当たり前ですが、
それでも一般人より低い山と谷で、
しかも短期間で乗り越えられるんじゃないかと思います。

頑張ってください (@^^)/~~~
ヤマネも追い越されないように頑張ります (`´)/
2010/06/25(Fri) 06:46 | URL  | 弟子ヤマネ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。